かごめかごめ(1999)

これは大学1年の2学期に描いて、春休みにもう一度手を入れた絵です。
この頃は、一見楽しいはずの子供の遊びに潜んでいる、少女特有のいじめ、集意識、
過度な愛情による残酷さ 嫉妬、など、暖かいのにゾッとするような、
あたりまえにある矛盾が気になって描いていました。
また、童謡の歌詞の暗号のような部に惹かれていました